書きたいことが散らばっていてまとまらないのよね

  

 考え事なら溢れてたまらないのに、それが絵とか音楽とか、そう文芸とかに結びつかないのはなぜだろう。もしかしてそういうものは自然に発生するものじゃなくて、ある程度の技術が必要なんじゃないか。多分絵描きになる人って子供の頃から色々書いていて、それが年を取って技術を学んで、そうして自分の想いを形にできるようになるんじゃないか。そうすると、今の私に足りないものは技術なんじゃないか?だから思いはあってもそれを上手く形にできないんじゃないか?文章は特別に学ぶものじゃないという人もいるかもしれないけれど、でも今の世の中誰でも自己発信ができる、その中で何か残るものを残したいなら、文章を徹底的に修行するのが必要なんじゃないだろうか。

 

 バイトをして多くはないけれど様々な人たちと関わった。それで分かったことは人の能力って学力と運動能力だけじゃないなということ。いやいやいや、今更?って感じだけど。21歳にしてようやく分かったのか?って感じだけど。人に物を教えるのがすごくうまい人もいるし、コミュニケーションは上手くないけど技術的なことをよく教えてくれる人もいるし、気配りが上手い人もいるし、接客は丁寧とは言えないけれど販売能力は高い人もいる。よく見ると人には個性がある。きっとそれはどんな人にもある。でもそれを上手に見つけて伸ばさないと、個性は死んでしまう。でも、たとえどんなに個性を伸ばしても、自分がそれを他人の中で上手く機能させることができないと、個性を生かすことはできない。人間は他者の外で生きることはできない。なぜなら人間は社会の中で生きていて、社会を作っているのは大勢の他者たちだから。そして今の社会は資本主義なので、個性があってもそれが他者、会社の消費を誘わないとお金にならなくて生きて行けない。

 この世の中で、芸術が技術に飲み込まれてしまいそうな世の中の流れの中で、でも人間に娯楽は必要だと信じている。音楽も文学も絵も、洗練された形になってからは日が浅い。その形が長い時間の中で緩やかに変わっていったように、これからまた新しい形に変わるのかもしれない。芸術は人間の普遍的なものと、その時代の息吹が合わさってできたものだと思う。そこにそれを表すものの時間が加わって、形になる。