何が何だかもう分からない。10歳くらいの頃から始まって、12歳で完全に足元を取られて、結局今もまだ抜け出せていない、おそらく。アイス買いに外に出て運良く雨が上がっていたからチャリで行く、交互にペダルを踏む、半袖の腕に夜の冷気と雨の湿気が触れて気持ちいい。生垣に挟まれた狭い道を抜ける時、雨をしっかり浴びた草をくぐったからズボンがびっしょり濡れて気持ち悪い。夜は人がまばら、大通りもバイト帰りの同い年ぐらいの女の子とサラリーマンがちらほらいるだけ。ここは女の子の住む区だな。ほんとうにおじいちゃんおばあちゃんと学生が多い。東山区は地味な区。頭の中でDon't leave me high,Don't leave me dry ってメロディがずっと鳴り続けている。体に触れるもの、目に見えるものしか確かに思えない。今、ここ、今この瞬間しか私にはないように思える。それしか私は信じないぞと思う。生きてるってなんだ?人は生きているのではなく生かされている、じゃあなんでみんなが幸せになれないの?私は幸せになりたい、でも同時にその幸せが壊れる瞬間のことを思うと、幸せになるのが怖い。人は皆去る。もうこれ以上悲しいことは嫌だ、私から奪わないで。何も感じられない、楽しいことはあるけどいつも怖い。Don't leave me high,Don't leave me dry これって日本語だとなんて訳せばしっくりくるだろう、直接的な表現だけどかなり詩的でもあるから、難しい。高いところに置いていかないで、乾いたところに置いていかないで、 じゃあまりに元の歌詞の、と置いていかれた人間がしぼり出した哀切な感じが出ない。 パソコンが重くて動かないからスマホでぽちぽち打っている、疲れる。思考が飛んでいるから文章も飛ぶ、でもそれが実際なんだから仕方なく書き記す。生き続けていたら何かしら分かると信じている、でも本当は何もなかったとしたら?手に取るもの全てが無意味に思えてたまらない、たとえ誰がそんなことないでしょうって言ったとしても、私にはそう感じられて仕方ない。私の闇は深いぞ。こういうことをずっと考えていると不思議とすぐ眠くなる、でも眠ると朝が来る、朝が来てはダメ、1日が始まってしまうから。生活をしないと人は生きていけないのだ。知ってた?朝起きたら私は4歳で、広い庭のついた一軒家に住んでいて、朝ごはんを食べるとTシャツとショートパンツに着替えて近くの山に遊びに行く。かごと網とポシェットにはノートと色鉛筆を入れる。そこで1日日が暮れるまで遊ぶ。友達、多分近くに住む友達もいて、その子と仲良くしたり、嘘をついたり、見栄を張ったり、好きな人を言い合う。近所のおじさんがなんだか知らないけど食べられる植物を取りに来ていてお菓子をもらう。バラエティパックのちっちゃい羊羹とかまんじゅうみたいなやつ。外は暑いけど森の中は湿っていて手脚に土の汚れがつく。20じゃ何始めても遅いよ、と頭の中の誰かが言う。