老教授アヤムー

 普段よほど気を張り詰めているのか、たまにの休みになるとボーーーっとして結局何もしない。だいたいゲーム実況を見ているか、それかラジオを聴いている。部屋の掃除気なんてもうすぐ一か月くらいかけてない。床に物が散らかりすぎていて、机の上ももので埋まっていて、まず物をどかさなきゃいけないのが面倒。とりあえず本棚を注文したけれど、届くのが来週だし。火災保険の更新とか区役所に提出する書類とかなんやかんやたまっている。あちゃー。収納がないのにものが増えすぎた。服はだいぶ捨てたんだけどなあ。本も読めていない。うーーーん。

 で、書きたいものが結構溜まっている。

 ・本屋に来た私の在籍している大学の教授

 ・ズルするとなぜかすぐバレて怒られる

 ・心が開けない

 ・やりたいことがない

 ・いろなん人とうまく付き合える人がいるけれど私はそうじゃない、友達の友達なら別

 ・ここのところずっとすごい近距離で飛んでいる鳥をよく見る、鳩カラストンビサギみたいなの、キジバトの鳴き声

 

 本屋に来た大学の教授の話。

 フロアで仕事をしていたらカートを引いた70は絶対に超えている小柄なおじいさんが話しかけてきて、選んだ本を大学に請求書を送る扱いにしてほしいとお願いをしてきた。私がすぐその手続きの書類の記入に向かおうとしたら、「あっそんなに急がなくてかまいません、今しているお仕事が終わってからでいいですよ」ってとても物腰柔らかに言われた。今までそんなこと言われたことがなかったのですごくびっくりした。

 

 いろいろな大学の教授がよく本を選びに来るけれど、だいたい結構態度が悪い。偉そうだったり、ちょっと時間がかかると面倒くさそうにしたり、無茶な要求をしてきたり、閉店間際に大量の本をレジに持ってきたりする。ただその人は、最初から最後まで穏やかで、かつ抜け目がなかった。きちんと名刺を見せてきて、「○○と申します。」と名乗ってきたし、同じ本が2冊あるのを、「同じ本が2冊ありますが問題ありません。」って断ってきた。しかも、名刺を見たら私の在籍している大学の教授で、この大学にこんな教授がいたのかと思った。立ち姿もブレがないというか、すっくとしていて、明らかにただものじゃなかった。持ってきた本が歴史に関係する本ばかりだったので、同僚に史学科の子がいるから、もしかしたらと思ってその人の名前を知っているか聞いてみた。

 

 そうしたらその子の顔がぱあっと輝いて、「アーーーー知ってます!仏ですよ~~~~~~~~~~~~~~~~~~!!!!」と返ってきた。その子の話によると、その老教授は、皇族の教育係をしてたことがあるくらい歴のあるお方で、高齢だったのは、定年してから特別に教授として呼ばれたからだとか。主に歴史資料の伝来とか、その管理の仕方とか、文化遺産の研究などをしているらしい。ほとんど著作は書いていないけれど、研究所の所長も務めているから、見えないところで地道に研究を積み重ねてきた人なのだろう。世の中にはこんな人も、こんな生き方もあるのか。毎回授業のときには、過去の授業のプリントのストックを全部持ってきて前に並べて、プリントをもらいそびれた人にもきちんといきわたるようにしているらしい。みんなのアイドルですよ~~~~~とその子は言っていた。

 こういう芯からきっちりとした上品な人に、完璧に育ちがいい人にごくまれに出会う。そうすると、普通にしていても自分の話し方とか身振りとかがはっきり粗野に感じられてドキッとする。世の中には越えられない壁がある。壁というより元素の違いに似て、もうこれ以上変質しようがない限界が見える。越えられるものと、変わりようがないもの、その見極めができるようになるのも大人になるということなんだろう。変えられないものを無理に動かそうとしても心身がすり減るだけだけれど、でも変えられないと思っていたことでも、ジタバタしていたら、いつの間にかスっと壁が消えて向こうが見えているいることもある。うーーーーーん、難しいな。