とあるおじいちゃんにも会ったんだけれどまた今度

travisのライブに行ってきた。なんばhatchに入って入場待ちしていた時からうすうす感じたけれど、travisのファン層かなり好きだ。同い年くらいから中年まで、国籍もちらほら外国人がいて、さまざまだったんだけど、みんな穏やかだけれど熱くて、travis

が本当に好きなんだなあって感じだった。全体としては30代が多かったのかなあ。女性もジーパンにTシャツスニーカーみたいな動きやすい感じの人が多くて、こんな感じの気のいい女の子とお友達になれたら素敵だろうなと思った。モッシュのときもぐいぐい押してくる感じなくて、節度があったし、ノリもみんな様々だし。日本のアーティストのライブだと、この曲のこのメロディーはこの振りで動く、みたいな暗黙のルールが結構ある。ライブにしょっちゅう行かないとわかんねえよそれ、好きにのらせてくれよ、って結構ストレスがたまる。その振り以外は変に動くと浮くし、ちょっと窮屈だったりするんだけれど、今回は始まった瞬間からそれが全くなくて、リラックスして聴けた。   

 travisを知ったのはone tree hillっていうアメリカのドラマで登場人物の女の子が好きなバンドとして出てきたからだった。そのころ家にいても何にも楽しくなくて学校も楽しくなくて、日テレの深夜にやってる海外ドラマを録画して親が買い物でいない間にこっそり見るのが好きだった。5年前くらい?まさかtravisを生で見られる日が来るとは。travisはinvisible bandが理想って言っているように、あんまり派手じゃないから来日してもテレビの歌番組にはまず出ないし、フジロックには毎回来ているけれどフジロック一緒に行ってくれる友達がいないので。フジロックに一緒に行く友達がほしい。願望って口に出せば叶うっていうけれど本当かな。travisは20年バンドを続けていて、メンバーの改変も途中で活動休止もない。ツアーで四六時中メンバーといることでバンドの維持が困難だった時期もあったようだけれど、そこを乗り越えてベストな関係でバンドを続けている。その落ち着きというか、しなやかな強さというか、この人たちは好きなことに真剣に取り組んできたんだな、っていう輝きがもうすごかった。輝くって攻撃的な輝きじゃなくて、ホワンとした、後光みたいな、聖人の頭に描かれる輪とか、仏像が背負っている光の輪とか、そういうしるしとしての輝きのことです。我慢していたものがほどけてだばだば泣いてしまった。泣きながらリズムに乗る。ステージに手をのばす。メロディーを一緒に口ずさむ。周りも熱くなってステージに釘付けだからいくら号泣していようと誰も気にしない。みんなそれぞれがそれぞれに同じ空間にいる。ボーカルのFranがcloserを歌うとき、世の中はだんだんクレイジーになってきているように思えるけれど、皆がここにいて一緒に歌う、こういう小さいことが大切なんじゃないかな、みたいなことを言っていた。英語だったけれど何を言っているか分かって、ああ、もっと広い世界に行きたいと思った。たぶん、深いところに行けば言葉なんて関係なくてそこには人と人の向き合いがあるだけなんだと思う。そして、そういう関わり合いができなくなる環境にはなるべくならいたくないなあ、と思った。今はやむを得ずそういう関わりができなくなりがちな場所にいるけれど、自分にできる最善を尽くすことが今できることだなと思っている。先は、分からない、保留。

www.youtube.com