逃げる、逃げる

 引っ越しの準備が、進んでいない。これはまずい。いやまずいも何も、期日になったら業者はやってくるし、トラック借りる形式じゃなくてほかの人の荷物も一緒に積み込むやつだから、遅れは許されない。まずい。夏休みの宿題が終わらない、9月1日を過ぎても終わらない学校に行かない、それを引きずっている。お前はまだそれを繰り返すのか。愚か者め、愚か者め……

 夜なかなか寝付けない。布団に入って首の一番上まで軽すぎて抱擁感のないタオルケットを引っ張り上げて、チコリータを抱きしめる。さあ寝よう、と思って目を閉じると途端に不安が湧き上がってくる。今の状況って何なのだろう、高校の同級生は皆きちんと高3の時点で自分の進路を選択してきっと不満もありながらも一本の道を開拓している。私みたいに途中でここはなんか違うなと思って放り投げて地面をめちゃくちゃに掘り返すことなどしていない。人生に正しい道などないと分かっている。でも世の中が皆私みたいに根気がないのに妙に意志強固な人間ばかりだったら社会はまともに機能しないんだぞ。一体何がしたいんだ。やっていることは亡霊に近いのかもしれない、未練を引きずって辺りを徘徊している。そして世の中には一定多数、そういう人間がいる。皆が皆自分が思った通りの生き方ができているわけじゃない。諦めるか、諦めないか、どちらにせよ選ぶのは自分なんだから、しっかり腹をくくって答えを出したらいいんじゃないのか?ねえ、どうなの?物事は単純じゃない、見えないだけで皆不安はある。他人がよく見えるかもしれない、そう、他人はいつだってよく見える。友達がそれぞれ自分が決めた道で頑張っているなら、お前も自分が決めた道を行けばいいじゃないか。たとえそれが理解されなくても、それが何なんだ。自分が楽しいか、それをやりたいか、あなたにとってはそれが大事なんでしょう。それを得るためにこんなにあがいてきたんでしょう。ならそれをつかみなさい。つかみとれるまで一生あがきなさい。逃げている限りそれは追いかけ続けてくる、夢の中まで。私はまだ逃げている。暗い夜に、狭い場所で。走れど果てはないし、夜はまだ明けそうにない。

 全身が灰色がかった薄緑でドロドロしていて、黒い髪は縄みたいにごわごわして長くて、3メートルくらいある女の化け物がいた。地元の駅の真ん中の広場から下の階に向かって糞尿とゲロが混じった化け物と同じ肌の色の流動体を滝のように垂れ流していた。皆それを気味悪がってみていて、そうしたら突然それが動き出す、皆は半狂乱になって四方に逃げる、でも化け物は勢いよく飛び上がってすぐ横に現れる。私は逃げながら、ほかの人が盾になってくれないかなと思った。

 実家の周り、おばあちゃんちの周り、この間は学校、そんなふうに自分がもともといた場所で、何かに追いかけられて、でもある一定の場所まで逃げるとそこから先に全然進めなくてぐるぐる回る、そういう夢は定期的に見る。

 夢に縛られている。産まれたところに対する不信、この不信はきっと一生かけて探求していくことなのだろうと思う。別に嫌いじゃないし大切な人とも何人も出会えたし、それなのに、どうしてだろう。

やっと夏が来たような、でも残暑にも思える


夢遊病者は此岸にて / こんにちは谷田さん feat. 鏡音リン

 昨日ブログを書いていたらwifiが切断していつもなら繋ぎ直せば元のページに戻るのに、今回は戻らなくて消えちゃった。あらら。思い返せば中学生、たぶん中3?の頃から思っていることをひたすら文章にすることはしてきたのに、ノートだったりルーズリーフだったり、メモ用紙だったり、紙に書いていたから、どこかに行っちゃったのがほとんど。もったいない、捨てちゃだめだよ、って人に言われたけどそうだなあ。でも読み返すことなんてないし、毒ガスの入った箱みたいなものだから簡単に開けることもないし。押し入れの中に眠っている。一部は千葉から引っ越すときに捨てたような気がする。

 でも人が書いた文章って、雑記でもそれが生々しくて、こころ、って感じでそれが読む側としてはのぞき見しているみたいで面白かったりするよね。昔友達の家に行って、かくれんぼをしていた時に、たまたま目の前にあったノートをめくっていたらその子が書いた小説だった。しかも出だしが友達の女の子とケンカしたって話で、その友達の名前が明らかに私の名前をもじっていて、出だしだけで終わっていたけれどその続きはどうなったんだろう。鶴見俊輔っていう京都では特に著名な哲学者のひとの、もうろく帖っていう日記というか雑文をそのまま本に閉じたものがあるんだけれど、それが面白い。ぱらぱら読んだ程度(バイト中)だけど、頭のいい人のこぼれ話ってだけでヒラメのエンガワ的なもうけ感があるし、読んでみるとなんと切実な欲求は頭がいい悪いも関係なく、共通に人の根本にあるものなのだなって知れてそれもよかった。あの本けっこう高めなんだけど、お土産に買っておこうかな。  

  

 前回のブログを読み返してみたら結構荒れていて、あんまりこういうことは直截的にかくものではないなと反省した。自分で読んでもちょっと嫌な気分になるし。書くならアメブロだとするとメンバー限定記事にして実際私を知る人だけが読めるようにしたほうがいい。簡単に書いたものを消したくないから適切な処置が見つかるまでそのままにしておくけれど。

 

 時が移れば人の心も移ろう。年輪のように人の生きた時間も重なって刻まれるならば、せめて私とあなたがいた時間が、変わらず残っていることを信じたい。それが良きものであれ、たとえ悪いものであれ、それこそが人を尊いものにしているのだと信じたい。

 

 

 

 

 

 

体が動かない

 ちょっと久しぶりに体が動かない。バイトから開放された緊張緩和と、あと、人に会ったことと実家に帰ってきたこと。

 頭は痛いし、体は痛いしギシギシ言うし、顔はむくんでいるし、嫌な文章になりそうだなぁと思ったけど頑張ってみる。


 学生の時にお世話になった先生に一年ぶりに会いに行ってきたら、前会ったときと様子が違っていて、ちょっと疲れた。

 手作りのお昼ご飯も作ってもらってカフェにも連れてってもらって、よくしてもらったんだけど、明らかに育児疲れしていて、でも明るく振舞っていて、どうしたらいいかわからなかった。肌も荒れているし、目もどよんとしているし、目尻のシワも深くなっていた。でもこれが一般家庭が結婚して家庭に入るということなのかもしれない。それに子供が大きくなれば一気に子育てが楽になるのかもしれない、でも私には無理だ。あんなに子供レベルに付き合って接せない。無理無理無理無理。

 あと子供が可愛いけど全然可愛くなかった。自分の子供を欲しいと思わなかった。それも衝撃だった。子供が泣いたりご飯食べたりしながらも絶えず抱っこされながら片手をおっぱいに突っ込んでいて、ドロッとした気持ちになった。自分の気分をその場その場で100%表現して、それに付き合ってもらえて、呼びかければ答えてもらえる、多分それ私小さい時あんまりしてもらえなかった。ぼんやり覚えている。あぁ無理だなぁ、優しさの記憶の引き出しがない。引き出しがないから引き出せない。

 資格の話とか就職の話を根気強くされたけど全然分かってない。全然分かってない。

森を抜ける電車

米原まで出てしまえば敦賀まで1時間でいける。大阪にミュシャ展が来ている。日曜の朝だけどこの時間なら京都駅から名古屋方面は割と混まない。名古屋についたらどのくらい混むかな。っていうか、意外と近い。名古屋まで。景色見ながら岐阜経由で名古屋、楽しみ。去年一日12時間乗車したし、夜行バスにも慣れているから、3時間くらい特に平気。米原までは小沢健二を聴いて、今はきのこ帝国を聴いている。相変わらず音楽の幅広がらないなーと思う。車窓から見える雪が積もったようになだらかに続く低い山々、白く霧が吹いている。田んぼが多くて常磐線みたい、でも常磐線よりは緑豊か。さすがに琵琶湖も近いし土地が肥沃な感じがする。

 行き詰まっている。こんなに四方八方行き止まりって感じるのは、高2でいよいよ出席日数が危なくなったとき以来だ。そのときは本当に予期しない方向から、突然新しい道が開けたけど、今回はどうだろう。そもそもそのときに与えられたチャンスを、私は生かしきることができたのかな。ちょっとブルー。でも思い描いたようにすべてがとんとん拍子に進むこともそんなに上手い話はないわけで、あったかもしれないもう他の未来の話なんて無限に後悔できる。本当はこの年だったらこうなってるはずだった、みたいな理想なのは結構あったけど、どうやらそれは私にはちょっと見合わなかったみたいだ。というか、何に振り回されたこんなに寄り道しているのか、そっちについてちょっと考えたほうがよくて、そっちのほうが本心なのかもしれない。f:id:midorikemono:20170730074521j:plain今イヤホンから流れているきのこ帝国のスカルプチャーという曲、寂しいけど激しくて今の気分にとても合っていていい。いつかレコード欲しい欲しいと思っているけどいつになるかな。

100じゃなきゃみんな0

 もうこれ以上よくわからない労働をしたくない、もう無理無理無理無理。でもきっと明日が来たらごねる体を起こしてバイトに向かう。仕事なんて呼びたくない、バイトはバイト。お金がうまく回らない。するするするするどこかに流れてしまう、いや、嘘、きちんと使ってはいる、でも足りない。17、18くらいまでずっと虚ろで虚ろでとにかく何もかもが足りなかった。愛情、家庭、食卓、ありがとうごめんなさい。友達、公園、秘密。みんなが持っているものが私の家にはなかった、何がないのかは分からなかった。たまに始業式とか授業参観で早終わりの日に友達の家に遊びに行くとそこにはきちんと家庭があった。足りない足りない足りない。欲しい欲しい、まず、家、家がない。結婚して子供ができて、それなりの稼ぎがあって、母にも父にもそれなりの稼ぎをもつ両親がいて援助があって、確固たるものを築けなかった彼らは何をしていたのだろう。人を妊娠している時にもタバコ吸いやがって。きちんと食え。過去を燃やせたらいいのに、火をつけてごうごうと燃やして、煙になって記憶が灰になってやがて地面に消えるのを見ないと、気持ちが収まらない。私の気持ちをどうしてくれる。一体なんだっていうんだ。チョウチョがふらふら宙に彷徨って、助けてくれと弱々しく訴えている。何かを手にしても満たされない、この穴は一生埋まらないのだろうか。それならばどうやって生きていけばいい?何にでもなれると分かっていて、でも何になりたいか分からないなら、どうしたらいい?そんな道の迷い方があるなんて知らなかった。ちくしょうが。

100じゃなきゃみんな0

 もうこれ以上よくわからない労働をしたくない、もう無理無理無理無理。でもきっと明日が来たらごねる体を起こしてバイトに向かう。仕事なんて呼びたくない、バイトはバイト。お金がうまく回らない。するするするするどこかに流れてしまう、いや、嘘、きちんと使ってはいる、でも足りない。17、18くらいまでずっと虚ろで虚ろでとにかく何もかもが足りなかった。愛情、家庭、食卓、ありがとうごめんなさい。友達、公園、秘密。みんなが持っているものが私の家にはなかった、何がないのかは分からなかった。たまに始業式とか授業参観で早終わりの日に友達の家に遊びに行くとそこにはきちんと家庭があった。足りない足りない足りない。欲しい欲しい、まず、家、家がない。結婚して子供ができて、それなりの稼ぎがあって、母にも父にもそれなりの稼ぎをもつ両親がいて援助があって、確固たるものを築けなかった彼らは何をしていたのだろう。人を妊娠している時にもタバコ吸いやがって。きちんと食え。過去を燃やせたらいいのに、火をつけてごうごうと燃やして、煙になって記憶が灰になってやがて地面に消えるのを見ないと、気持ちが収まらない。私の気持ちをどうしてくれる。一体なんだっていうんだ。チョウチョがふらふら宙に彷徨って、助けてくれと弱々しく訴えている。何かを手にしても満たされない、この穴は一生埋まらないのだろうか。それならばどうやって生きていけばいい?何にでもなれると分かっていて、でも何になりたいか分からないなら、どうしたらいい?そんな道の迷い方があるなんて知らなかった。ちくしょうが。

 とりあえず書く。自分の居場所がわからない。自分に対して正直でありたいと思っているけれどそうするとどうにもやっていけない気がする。本当はこんなことはしたくない本当はこうしたい、ああ。一体どうしたらいいんだろう。一体何なら頑張れるのだろう。適切な過程が分からない。多分一からこつこつ積み上げてそれを一つの形にして、っていう能力が最悪にできない。物を作る能力がない。いつも頭でふわふわ考えていて、それじゃあ駄目なんだ。

 

 

 雨の日はいつもあの人は少し遅れてきて、だから一緒のバスに乗れる。あなたはいつも座席に座らないで立っている。身長はそんなに高くないけれど骨格はしっかりして、それなりに筋肉もついている。でもまだまだ若いから、筋張った感じが目立つ。少し猫背だけれど陰気な感じはしなくて、むしろそれは人懐こさと温かみを感じる。私はそれをちらちら盗み見る。でも今日は私が座った席の横に立った。黒いソニーのイヤホン。あなたがポケットにipodをしまう瞬間、アルバムのジャケットが見えた。gorillazの新しいアルバム。きつそうな性格の女の子。赤いハートの縁取りのサングラス。間違いない。聴いているのは…Andoromeda?ああ、それ、私も好き。胸がぎゅっとして、この人ともっと話してみたい、と思う。どうしたらいいんだろう。この世に言葉がいくつあろうと、始まりがなければどんな言葉も動き出してはくれないのだ。